JAPAN LIVE YELL project

VIEW
REPORT

応援ムービー
「ライブのリレー」を見る

YELL
AMBASSADOR

エール・アンバサダー
松任谷由実さんからのエール

デビュー以来45年以上、ライブを通して人々を魅了してきた松任谷由実さんが「JAPAN LIVE YELL project」のエール・アンバサダーに就任。コロナ禍でもチャレンジし続けている舞台芸術関係者のみなさんに、エールを届けます。また、松任谷由実さんは、世の中のがんばっている人すべてにエールを送る「みんなの応援村」の応援団員も務めています。

シンガーソングライター

松任谷由実

MESSAGE MOVIE

エンターテインメントの灯を絶やさないように、
今までやってきたことを信じて!

ライブは私の人生そのものと言っても過言ではありません。今の状況は人生で初めてのことで、私もみなさんと同じようにずいぶん辛い想いをしましたが、悲しんでいるばかりでは先に進めません。このプロジェクトをきっかけに、再び私たちの声や表現が、世の中にできるだけ早く届くことを夢みて、一緒に進んでいきましょう!

PROFILE

72年、多摩美術大学在学中に荒井由実としてシングル「返事はいらない」でデビュー。「ユーミン」の愛称で親しまれ、「ひこうき雲」「やさしさに包まれたなら」「守ってあげたい」「真夏の夜の夢」「春よ、来い」など数々の名曲でJ-POPシーンを牽引する存在に。 全38作のアルバム総売上がソロ歌手史上初の3,000万枚を突破し、名実共に日本を代表する女性アーティストとして活躍を続ける。
12/1にニューアルバム「深海の街」をリリース予定。

松任谷由実さんが応援団員を務める
「みんなの応援村」詳細はコチラ!

MESSAGE

JAPAN LIVE YELL project への
応援メッセージ

  • Koichi Omae

    大前光市

    ダンサー

    Live(生きる)の炎はなくならない。人は炎に惹きつけられ、祭りのようにそこに集まり生きるエネルギーを高め合う。時代や形が変わっても、その儀式はなくならない。世界はいま静かに、…

    メッセージ全文と動画を見る

  • Sanyutei Koyuza

    三遊亭小遊三

    落語家

    落語始めたときから生でやってますから、無観客というのは私も初めてのこと。マスクしていているから、笑っているかどうかもわからない。でも、月並みな言葉ですが、朝が来ない夜はありません。守りに入っただけ… 

    メッセージ全文と動画を見る

  • 撮影:操上和美
    Ayaka Hirahara

    平原綾香

    歌手
    こんにちは、平原綾香です。
    みなさま、いかがお過ごしでしょうか。舞台芸術に携わる私たちには、とても厳しい時期です。私自身も、チームで悩んだ末に公演の中止・延期などを経験し… 

    メッセージ全文と動画を見る

  • 撮影:Takeshi Miyamoto
    Mirai Moriyama

    森山未來

    俳優・ダンサー

    環境がガラっと変わったことで、やりたいことができなくなったり、大変な思いをしている方もいらっしゃるかもしれません。でも、ピンチはチャンス。こういうときだからこそ見つめられるものもあるし、… 

    メッセージ全文と動画を見る

  • ©Yoshinori Tsuru
    Kazuki Yamada

    山田和樹

    指揮者

    大変な状況下で、それまで一つにまとまっていたものが分かれていってしまう悲しさも感じましたが、音楽・文化・芸術というものはそれをまたひとつにまとめていこうとする潤滑油の役割があると思います。違う分野の文化… 

    メッセージ全文と動画を見る

  • ©TOWA
    Shoji Kokami

    鴻上尚史

    作家・演出家

    2020年は、すべての人にとって大変な年だったと思います。僕自身も二本の演劇が中止になりました。けれど、パン屋さんはパンを売ることが、八百屋さんは野菜を売ることが仕事のように、演劇人は演劇を創り、観客…

    メッセージ全文と動画を見る

  • Kazuyoshi Kushida

    串田和美

    俳優・演出家

    演劇や舞台芸術に関わるみんなだけでなく、お客さんも、色んなお店の人も、みんなが大変な時期だと思います。ただ、みんなが大変な中で、マイナスの困ったことだけじゃなくてこういう時に本質が見つかるものもある。…

    メッセージ全文と動画を見る

  • オンライン配信

    LIVE PICK UP

    今後配信予定のライブやアーカイブ動画をご紹介!

    SPECIAL FEATURE

    ライブへのエール。ライブからのエール。
    現場に込められた様々な「想い」を、公演映像とあわせてご紹介します

    Vol.1 コロナ禍で生まれた「月夜のファウスト」

    • 演劇
    長野県
    • 【インタビュー】

    「みなさん 突然ですが、一人芝居をやってみようと思い立ちました」
    2020年6月、すべては串田和美さんのSNSに発信した言葉から始まりました。
    場所は、とある公園の小さな四阿(あずまや)。
    距離をとらなくてはならない、大声で話してはいけない、人に触れてはいけない・・・。

    あくまでもライブにこだわり、観客とともに作り上げることにこだわり、
    たったひとりで進め、非常に多くの反響を得たこの企画、
    JAPAN LIVE YELL projectにおいて再び演じられることとなりました。

    この期間、なにを思い、どう過ごしてきたのか?
    インタビューでは、この公演に込めた想いや、コロナ禍でのチャレンジなど、串田さんの様々な想いが語られます。

    「その場の空気感や見えないものが伝わることが大切」
    「新しい何かが生まれるとよい」。
    そんな想いや期待とともに、今回、配信できることとなりました。

    今だからこそ。
    串田和美さんが贈る小さくて壮大な物語をぜひお楽しみください。

    PROFILE

    Kazuyoshi Kushida

    串田 和美

    1942年生まれ。俳優、演出家、舞台美術家。
    まつもと市民芸術館芸術監督。
    芸術館を拠点に活動するTCアルプ座長。

    Vol.2 音楽のあふれるまち広島
    誰もが参加できるオーケストラを広島の子供たちへ

    • 音楽
    広島県

    広島ピースメモリアルフェスティバル2020「ファイナルコンサート」
    公演詳細:http://h-culture.jp/sponsorship/entry-2575.html

    ▼プロとジュニアの共演映像はコチラ!
    公演映像:https://youtu.be/oKhvMQNPFf8
    (※公開期間2021.2.26(金)0:00~2021.2.28(日)21:15)

    全国でも珍しい、吹奏楽のジュニアオーケストラが広島にあります。
    世界を舞台に活躍する指揮者下野竜也氏を芸術監督に迎え、
    広島ウインドオーケストラの演奏家から
    本格的な指導を受けることのできるこの音楽教育プログラムは、
    自治体と芸術団体の幸せな連携により2019年に生まれました。

    しかし、初年度の終わりに世界は一変。
    2020年度の受講生は、直接指導をほとんど受けることができないまま、
    1度ならず、2度も演奏会が延期に追い込まれる事態を経験しました。

    「何が何でも、このステージはやらせてあげたい。」
    大人たちの並々ならぬ想いとともに、ようやく3度目に迎えられた本番で、
    プロの空気を全身に浴びた子供たちが見せた、飛躍。

    学校以外の世界に身を置くこと。高みに触れること。広く見渡すこと。
    コロナ禍をしなやかに乗り越えていく豊かな環境が、ここにあります。

    PROFILE

    Junior Wind Orchestra Hiroshima

    ジュニアウインドオーケストラ広島

    広島市、(公財)広島文化財団アステールプラザ、広島ウインドオーケストラが連携し、2019年度に発足。
    広島市内外から参加する中高生で構成される吹奏楽オーケストラ。
    演奏技術だけでなくコンサートを創り上げる過程等も体験するなど総合的に学び、
    将来国内外で活躍する音楽家や指導者を育成することを目的としている。

    Vol.3 バレエで元気を届けたい
    –子どもたちとプロバレエダンサーの夢-

    • ダンス
    宮崎県
    • 【インタビュー】
      バレエで元気を届けたい
      –子どもたちとプロバレエダンサーの夢-

    • 【公演映像】
      みやざきバレエまつり
      「マーシャの夢 -くるみ割り人形版-」

    「子どもたちに、プロのバレエを見せてあげたい」
    宮崎県ではプロバレエダンサーの公演を鑑賞する機会は多くなく、ましてプロと踊れるチャンスは僅か。子どもたちにその機会を作って、コロナ禍だからこそ、みんなに明るい気持ちになってもらいたいという想いから、この企画はスタートしました。

    地域のアートNPOとバレエ教室が連携し、企画から演出、制作まで、地域の人々が大活躍。公演に出演する子供たちをオーディションで選考し、東京で活躍する新進のプロバレエダンサーの全面協力のもと、準備が進められました。ダンサーたちは何度か宮崎に足を運び、普段子供たちが体験できない男女ペアの踊りなども練習。様々な制約がある中で、振り付けや演出に工夫を凝らして、夢の舞台にたどり着きました。

    プロの技を間近に体感し、一緒に稽古を重ね、同じ気持ちで舞台に立つ経験が、子供たちの成長にいかに大きな影響を与えるか。そして、子供とプロが共演する公演が、いかに見ごたえあるものになるのか。コロナ禍を乗り越えて実現した感動のステージを、ぜひご覧ください。

    「東京シティ・バレエ団/
    ティアラ“くるみ”の会」
    ©鹿摩隆司

    EVENT

    みやざきバレエまつり「マーシャの夢 -くるみ割り人形版-」

    新進気鋭の若手プロバレエダンサーが宮崎に集結!
    国内有数のバレエ団(東京シティ・バレエ団、スターダンサーズ・バレエ団)から6人のバレエダンサーを招き、楽しい演出とプロの華麗なるテクニックと表現力で、夢あふれる楽しいひとときに皆さまをお連れします。

    Vol.4 伝統芸能を未来へ繋げていくために。

    • 伝統芸能
    秋田県

    全国最多、17の国指定重要無形民俗文化財を保有する秋田県。
    長く受け継がれてきた伝統文化を次の世代へ継承していくために、各地でお祭り・年中行事を中心に、世代を越えた取り組みが行われてきました。

    しかし、今年はコロナ禍の影響で、毎年行われてきた行事も中止に追い込まれ、戦後初の中止を判断する保存会も多くありました。 その中で、今回のプロジェクトを秋田県でも行うにあたって、「伝統芸能は外せない」という想いで、このイベントは企画されています。

    開催直前の1月、全国的にコロナが再び蔓延し、出演できた団体は9団体。
    厳しい状況下でも継承に向けて取り組みご出演された保存会のインタビューをぜひご覧ください。

    【公演映像】
    ▼ あきた伝統芸能フェスティバル part1
    (出演:本海獅子舞番楽平根講中/毛馬内盆踊保存会/釜ケ台番楽保存会)
    https://www.youtube.com/watch?v=htni6X_BtN4
    ▼ あきた伝統芸能フェスティバル part2
    (出演:西馬音内盆踊保存会/秋田県立角館高等学校 飾山囃子部)
    https://www.youtube.com/watch?v=tce-Ff-UCwU
    ▼ あきた伝統芸能フェスティバル part3
    (出演:花輪ばやし祭典委員会/一日市郷土芸術研究会/白岩若者会/根子番楽保存会)
    https://www.youtube.com/watch?v=yytAMeOjSi0

    EVENT

    あきた伝統芸能フェスティバル

    全国最多17の国指定重要無形民俗文化財がある秋田県。
    各地域で大切に受け継がれてきた伝統行事や民俗芸能を、
    「次世代への継承」をテーマに各保存会が出演し、伝統文化を再現します。

    ABOUT 
    PROJECT

    JAPAN LIVE YELL project について

    ©Naoshi Hatori あいちトリエンナーレ2016 「いきのね」

    ステージを奪われた表現者たちがいる。
    それでも、届けたい想いを
    ずっと抱えてきた人たち。
    いまこそ彼らに、観るというエールを贈ろう。
    そして、私たちも気づいたはずだ。
    泣いたり、笑ったり、歌ったり。
    そんな時間こそが、
    生きることそのものだったと。
    ライブへのエールを贈ること。
    それはきっと、ライブからエールをもらうこと。
    人とライブのエール交換が、日本全国で、
    いま幕を開ける。
    JAPAN LIVE YELL project
    参加27地域で、2021年3月まで、
    延べ500以上のライブやイベントを開催。

    北海道、岩手県、秋田県、山形県、埼玉県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、長野県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、広島県、愛媛県、高知県、福岡県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、沖縄県

    プロジェクトの詳細はこちら

    EVENT

    全国のLIVEイベントを探す

    演劇、音楽、伝統芸能からメディアートまで、
    全国27地域で開催されるプログラムは実に彩り豊かです。
    実際に会場に足を運ぶ、自宅でライブ配信を見る、 様々な楽しみ方を見つけてください!

    全国のLIVEイベントを探す

    ©TAO文化振興財団

    AREA

    参加27地域の
    紹介

    各地域の、本プロジェクトに込める思いやお薦めイベントなどをご紹介します。

    参加地域の取り組みを知る

    さらなる「YELL」
    の拡がりを

    OUEN-MURA

    「JAPAN LIVE YELL project」は、松任谷由実さんも
    応援団員である 「みんなの応援村」と連携し、
    さらにエールの輪を拡げていきます。

    みんなの応援村とは

    「みんなの応援村」とは、全国各地の様々な地域で懸命に生きる人たちを応援する官民連携のプロジェクトです。地域活性化・コミュニティの再生(人を孤独にしない)という応援村の社会的使命と役割を果たすため、自治体首長が中心となり令和2年5月18日に実行委員会を組成(実行委員長:鈴木康友浜松市長、実行委員長代理:鈴木英敬三重県知事)。同実行委員の松任谷正隆氏・小山薫堂氏が発案し、50を超える自治体が参画・約1万2,000人の子どもたちが参加した「77億人えがおプロジェクト」をはじめ様々な取組を推進しています。

    みんなの応援村

    安心・安全のために

    「JAPAN LIVE YELL project」(ジャパン・ライブエール・プロジェクト)にて ご紹介する文化芸術体験の場は、文部科学省より発令された業種別ガイドラインや、 内閣官房webに掲載の「業種別ガイドライン」を元に、充分な注意をはらい、 運営・実施して参ります。

    くわしくはこちら